化粧品の原料として使われるスクワラン

スクワランという言葉を聞いたことがあるでしょうか。スクワランとは深海鮫の肝臓に含まれる肝油の主成分(スクワレン)に水素を化合し、酸化しにくい状態に安定させてあるものをいいますが、いろいろな化粧品の原料に使われます。

 

スクワレンとスクワランは、共にアメリカの化粧品工業会(その1)により、安全性は保障されています。その1:化粧品、トイレタリー商品、香水、芳香剤などの検査機関。米国食品医薬品局(FDA)や日本の厚生労働省などから認可された薬品や食品等を、公正な立場でその安全性について認定している。

 

スクワレンとスクワランはとても似ている名前ですが、どちらも原料は同じ、深海鮫の肝油なのです。深海鮫の中でも、ツノザメ科(Squalidae)に属する鮫の肝油から採る量が多いことが、スクワレン(Squalene)の名前の由来なのだということです。スクワランの原料はツノザメ科のアイザメという深海鮫の肝油なのだそうです。

 

■スクワランの原料となるのは深海鮫の肝油である

アイザメは海面から200〜1000mの深い海にいる鮫です。体長は割と小型で1.0〜1.5m、肝臓は体重の約25%を占めます。そして肝臓の80パーセントが肝油なのです。鮫は普通魚にあるような浮き袋がありません。大量の肝油を肝臓に蓄えることで高水圧の深海でも浮力の代わりになる働きをしているのです。スクワレンは深海鮫の肝油から採取する成分であり、鮫によって個体差があるものの多いものではスクワレンを90パーセントも含んでいるといわれます。

 

深海鮫は太陽の光の届かない、酸素やえさとなる生物も少ない環境で生き続けています。深海鮫の生命力の根源は、まさに肝臓の80%にあたる肝油にあるということが言われ、古くから肝油は人々に大切に扱われてきました。

 

驚異的なのが、深海鮫はガンを発病することがない生物と言われていることです。実験で、発ガン物質をプールに溶かし、その中で10年間飼育された鮫の中には、ガンになった鮫が1匹も見られなかったという結果が出ています。この実験結果から鮫の体内に大きな割合を占めている肝油が注目され、それについて多くの研究が繰り返されてきました。しかし、その後の研究で、鮫もガンを発病することが発見されたのですが、他の脊椎動物と比較した割合はずっと小さいということです。

 

専門的な話になってしまいますが、深海鮫の肝油の成分には、6つの二重結合を持った不飽和炭化水素であるスクワレンの他、ジアシルグリセリルエーテル(アルコキシグリセロール含有)、オメガ3系脂肪酸(DHA、EPA)、スクアラミン等があり、これらの成分には、代謝を促す、血液をサラサラにする、などの働きがあり、他にもガンや肝臓病、高血圧などの病気や症状に優れた効能が発揮されるということが知られています。また、肝油は体への刺激が少ないことからも将来的な医学の進歩に大きな期待をされています。

スクワラン/夢中になれば若さは保てる関連ページ

エステサロン2
ついでに通えるサロン
予約が取りにくい時